トップ

医療脱毛はレーザーとニードルが

ゲジゲジで太い眉がとにかく気になる!頻繁にカミソリを使うと肌荒れしてしまうし、時には失敗してしまうこともあるでしょう。毛抜きを使うのは時間がかかるし、面倒!という人もいるかと思います。
「こういう時に、医療脱毛ができたら楽チンなのに……」
ですが、今までは目の近くにあるまゆげは、危険性を考慮すると医療脱毛に対応不可と言われてきました。脱毛で使用する機械の光が目に当たると、失明の可能性があるとされてきたからです。
ですが、クリニックによっては安全性にしっかり考慮して対応してくれるところがあるということ、ご存知でしたか?
つまり、医療脱毛でキレイなまゆげを手に入れることが可能になったのです。
ゲジゲジまゆげに悩まされている女性は、ぜひ医療脱毛を考えてみて下さい!

医療脱毛を希望している人のためのサイトはこちらです。

まゆげの医療脱毛を考えている場合、方法は2種類存在します。「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛(電気脱毛)」です。

レーザー脱毛は、リーズナブルな値段で毛の処理をすることができるうえ、痛みも少ないのがその特徴です。痛みに弱いことを自覚している女の子は、レーザー脱毛のほうが気楽に挑戦できるでしょう。
ニードル脱毛は1つずつ毛穴に電流を流し込み、細胞を壊して毛が生えないように処理をしていきます。1本ずつ確実に処理をすることができますので、永久脱毛効果が高いのです。また、スムーズに脱毛することができるので、コンプレックスの太眉を早く処理したい!という人にはぴったりです。

それでは、この2つの医療脱毛法のうち、どちらが安全なのでしょうか。実はレーザー脱毛もニードル脱毛も、安全なことに変わりはありません。医療レーザーは医師が、ニードル脱毛は「脱毛士」という資格を持っている人しか行うことができません。つまり、安心して施術が受けられるのです。